So-net無料ブログ作成

ロレックス・パリ・マスターズ 2017 ドロー表!出場選手 獲得賞金! [パリマスターズ]



ロレックス・パリ・マスターズ2017についての情報をお届けします。
大会経過に伴い記事の更新を行います。




今年から大会名称が変わりましたね。
スポンサーがbnpパリバ銀行からロレックスに変更になったということでしっかり先頭にロレックスの名称が明記されています。
ロレックスの名称は他にも上海モンテカルロ等に記載されておりテニスと深く関わっているスポンサーなわけですが元はと言えば1978年にウインブルドン「オフィシャルタイムキーパー」となったことが始まりのようです。
フェデラーともスポンサー契約を結んでおり腕にはデイトナが輝いていますよね。

グランドスラムを含めると年間に66大会行われるテニスワールドツアーですが、とうとう残すところ今大会のパリマスターズツアーファイナルの2大会のみとなりました。
とは言え、ツアーファイナルトップ8が競うわけですから一発勝負の勝抜け戦はこのパリマスターズが締めくくりとなるわけです。
最後の栄冠は誰の頭上に輝くのでしょうか。
やはりナダルフェデラーの一騎打ちになるのでしょうかね。
※フェデラーは背中の負傷により欠場となりました。


スポンサーリンク






昨年の大会はと言うとマレー大会初制覇で幕を閉じました。
錦織圭は3回戦でフルセットの末ツォンガ撃沈
第一セットはツォンガのミスが目立って 6-0 と絶好の立ち上がりだったわけですがその後ギアチェンジしたツォンガが最終セットのタイブレークをものにしてジ・エンドとなりました。
勝てると思っただけに超悔しい敗戦でしたよね。

怪我の状態もだいぶ良くなったようで只今復帰準備中の錦織圭、今シーズンはカナダでのロジャーズカップを最後に幕を閉じたわけですが、振り返ってみると今シーズン14大会に出場しての最高位の成績は1月のブリスベンと2月のアルゼンチン準優勝
今年は年頭で錦織圭は終わっていたのでしょうかね。笑
その後は全仏ベスト8が目立つくらい・・・
ぜひ来年は完全復活で今年の下降気流を上昇させてもらいたいものです。

その他今年はもう2度とないであろうハプニング続出でしたよね。

まずは4月にマイアミで行われたATP下部ツアーサラソタオープンでの出来事。
なんと試合中に近隣住民から「喘ぎ声!」
試合は地元アメリカ勢の対決でフランシス・ティアフォーミッチェル・クルーガーの対決だったのですが両選手も観客も笑うしかない状態。
お母さんは慌てて子供の耳をふさいでいましたが。笑

そんな中、クルーガー選手が喘ぎ声が聴こえる方向へボールをナイスショット!
ティアフォー選手においては「It can't be that good!(そんなにいいはずないだろ!)」と大絶叫!
こんな時は敵味方なく会場中が大歓声です。

youtube動画貼ろうかと思ったんですが、ちょっと気が引けましたので。
もちろんATPの公式動画は存在していませんし。
どうしても見たいってかたは、「サラソタオープン 喘ぎ声」で検索してみて下さい。
もちろん「声だけ!」ですからね。

続いては3月に行われたマイアミオープン
またマイアミですが。
1回戦のトミー・ハースイリ・ベセリの試合中に突如スコアボードの上にイグアナ出現
こちらはATP公式動画がありますから貼っつけときます。
ちょっと怖いですよね。
さすがフロリダ、さすがマイアミです。


Iguana Runs On Court


その他、猫が乱入したりボールで天井壊したりまさかの出来事がいろいろあった今シーズンでした。
来年はどんなハプニングが勃発するか楽しみですね。
もちろん錦織圭の活躍が一番の楽しみですが。




ロレックスパリマスターズ獲得賞金獲得ポイントです。
戦績 ユーロ(€) 日本円(万円) ポイント(P)
優勝 853,430 11,264 1000
準優勝 418,450 5,523 600
ベスト4 210,610 2,780 360
ベスト8 107,095 1,413 180
3回戦 55,610 734 90
2回戦 29,320 387 45
1回戦 15,830 209 10







ロレックパリスマスターズ 大会概要




過去の優勝者

2016年      アンディ・マレー
2015年      ノバク・ジョコビッチ
2014年      ノバク・ジョコビッチ




大会名      ロレックス・パリ・マスターズ

カテゴリ     ATP ワールドツアー・マスターズ1000

ドロー      48

サーフェス    ハード(室内)

開催地      フランス・パリ

日程       10.30-11.05

優勝者      ナダルかな?

優勝賞金     853,430ユーロ(約11,264万円)

獲得ポイント   1000ポイント






ロレックスパリマスターズ 出場する強暴選手




上位シード選手(シード順)

ラファエル・ナダル 1位 (スペイン)

ロジャー・フェデラー 2位 (スイス) 欠場

マリン・チリッチ 4位 (クロアチア)

アレキサンダー・ズベレフ 5位 (ドイツ)

ドミニク・ティエム 6位 (オーストリア)

グリゴール・ディミトロフ 8位 (ブルガリア)

ダビド・ゴフィン 10位 (ベルギー)

パブロ・カレーニョブスタ 11位 (スペイン)

ジョン・イスナー 13位 (アメリカ)

サム・クエリー 14位 (アメリカ)

ジョーウイルフリード・ツォンガ 15位 (フランス)

ケビン・アンダーソン 17位 (南アフリカ)

数字は10/23付世界ランク






ロレックスパリマスターズ ドロートーナメント表




大会1日目ハイライト



大会2日目ハイライト



大会3日目ハイライト



大会4日目ハイライト



準々決勝ハイライト



準決勝ハイライト



決勝ハイライト





2017y11m06d_122845906.jpg


2017y11m06d_122852439.jpg





スポンサーリンク











====================================

5日(日)

【男子シングルス 決勝】

センターコート 第ニ試合 23時試合開始予定
ジャック・ソック 22位 VS フィリップ・クライノビッチ 77位

ソック、逆転勝利でマスターズ初の栄冠!
選手名 合計
ジャック・ソック
フィリップ・クライノビッチ




====================================

3日(金)

【男子シングルス 準々決勝】

センターコート 第ニ試合 23時30分試合開始予定
ラファエル・ナダル 1位 VS フィリップ・クライノビッチ 77位

ナダル、膝の負傷により棄権!
選手名 合計
ラファエル・ナダル 棄権
フィリップ・クライノビッチ




====================================

2日(木)

【男子シングルス 3回戦】

センターコート 第五試合 3日午前3時30分試合開始予定
ラファエル・ナダル 1位 VS パブロ・クエバス 36位

ナダル、フルセットの末ベスト8!
選手名 合計
ラファエル・ナダル 6(5)
パブロ・クエバス 7(7)


これがナダルを欺いた「0.9秒の直立」




====================================

30日(月)

【男子シングルス 1回戦】

COURT1 第三試合 23時試合開始予定
杉田祐一 38位 VS フィリップ・クライノビッチ 77位

杉田祐一、初戦敗退!格下に完敗!
選手名 合計
杉田祐一
フィリップ・クライノビッチ







ロレックスパリマスターズ 激戦日程




大会は7日間に渡り、熱戦が繰り広げられます。
パリと日本の時差は8時間、日本が8時間進んでいます。


1回戦
   10月30日(月)31日(火)

2回戦
   10月31日(火)11月1日(水)

3回戦
   11月1日(木)

準々決勝
   11月3日(金)

準決勝
   10月4日(土)

決勝
   10月5日(日)






nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ひまわり証券でFXを