So-net無料ブログ作成

錦織圭 ロジャーズカップ2017 ドロー表!放送予定 賞金金額! [ロジャーズカップ]



錦織圭が出場するロジャーズカップ2017についての情報をお届けします。
大会経過に伴い記事の更新を行います。




夏のハードコートシーズン第1戦となったワシントンで行われたシティオープン
錦織圭ベスト4!
準決勝敗退という結果に終わりました。
肝心なところでのミスが痛かった錦織圭でしたが、ズベレフ弟強烈なサーブ完璧なテニスに、完敗といった試合内容でした。
まぁ、しゃ~ね~っすね!

さぁ、次です。
夏のハードコートシーズン第2戦はカナダのモントリオールで行われるマスターズ1000第5戦ロジャーズカップになります。
この大会は男子と女子で1年ごとに開催地が入れ替わり、今年は男子がモントリオール、女子がトロントで行われます。

錦織圭、このロジャーズカップは予選参加も含めると今回で6回目の出場になります。

過去5回の成績は、

◇2007年 ランク276位で予選に出場し1回戦敗退!
 この年の10月にプロへ転向
 予選1回戦で当時ランク94位、ロシアのティムラズ・ガバシュビリと対戦し 4-6,2-6 で敗戦!
◇2012年 ランク17位で出場し2回戦敗退!
 第13シードで出場し1回戦は不戦勝。
 2回戦で当時ランク35位のサム・クエリーと対戦し 2-6,3-6 で撃沈!
◇2013年 ランク11位で出場し3回戦敗退!
 1回戦の当時世界ランク256位ピーター・ポランスキー戦、2回戦の当時世界ランク23位アンドレアス・セッピ戦を共にフルセットの末、逆転で勝利を収めたんですが、3回戦で当時ランク9位のリシャール・ガスケと対戦して今度は逆にフルセットの末 6-1,3-6,3-6 で逆転負けという悔しい結果に!
◇2014年 右足親指の手術後であったため欠場!
 8月初めに、以前から痛みの原因となっていた右足拇指球の皮下に溜まった分泌物の切除手術を行いその影響で欠場!
◇2015年 ランク4位で出場しベスト4!
 第4シードで出場し、1回戦は不戦勝。
 2回戦の当時世界ランク48位アンドゥーハル戦と3回戦の当時世界ランク14位ゴフィン戦をストレートで勝利!
 そしてそして、準々決勝でそれまで7度対戦して7戦全敗だった当時世界ランク9位ナダルを 6-2,6-4 のストレートついに撃破!
で、この勢いでと準決勝マレー戦も期待したわけなんですが、試合途中から左臀部の痛みによりほとんど動けない状態となり、ストレート負け!

そして昨年は、
◇2016年 ランク6位で出場し準優勝!
 当時世界ランク6位でしたが、なんとフェデラー、マレー、ナダルのBIG4の3人が欠場。おかげで第3シードで出場ということでジョコビッチさえ倒せばと、超期待された大会でした。
 期待通り順調に勝ち進み、準決勝では当時世界ランク5位のワウリンカをストレートで撃破!
 よしっ!この勢いでジョコビッチも!とニシコリファン全員がその気になったわけですが、やはりジョコビッチは強かった。
錦織圭、これでマスターズ3度目の準優勝という結果に終わりました。

スポンサーリンク






昨年も強豪選手の欠場が目立った大会だったわけですが、今年も世界ランクトップ10内の選手が4人も欠場を表明しています。
◯アンディ・マレー 1位 臀部の怪我
◯スタン・ワウリンカ 4位 膝の怪我
◯ノバク・ジョコビッチ 5位 右肘の怪我
◯マリン・チリッチ 6位 内転筋の怪我

ジョコビッチワウリンカにおいては治療に専念するため今年いっぱいは全ての大会を欠場して来年から復帰予定のようです。

昨年のウィンブルドン準決勝敗退後、残りシーズンを全休とし、今年見事に復活したフェデラーが先日記事でこんなことを言っていました。

「30歳になったらこれまでを振り返り、自分がどれだけプレーしてきたか、どれだけ体に休養を与えてきたか、どれだけの練習をこなしてきたか、適切な量だったのか、やりすぎだったのか、もしくは足りなかったのかといったことを考えなくてはならない」

「常に全体を調整するんだ。個人的にはそれがうまくいった。時にして体と精神は休みを必要とするんだ」

マレージョコビッチは今年の5月でともに30歳を迎えました。
ちなみに誕生日はマレーが1987年5月15日、ジョコビッチが1987年5月22日で1週間違いです。どうでもいいことですが・・・
ワウリンカ32歳チリッチ29歳
錦織圭はというと1989年12月29日生まれの今年28歳

今年は過去最高のテニスをしているとまで言われているフェデラーの行動、発言ですから説得力ありますよね。
ジョコビッチワウリンカが長期休暇に入ったのは間違いなくフェデラーの実例があるからでしょう。
なんだかマレーも長期休暇に入るような気がしますが・・・

果たして来年は見事復活を見せてくれるのでしょうか。
特にジョコビッチの強さは凄まじいものがありましたからね。
あの強さを取り戻すのでしょうか。

ということで、
錦織圭としては今がチャンスなわけです。
鬼のいぬ間に・・・、あれっ!意味が違うかな?
とにかく3人も4人も鬼がいないわけです。
マスターズグランドスラムとビッグな大会が続きます。
このチャンスになんとか念願の初優勝と行きたいところですね。






ロジャーズカップ獲得賞金獲得ポイントです。

戦績 ドル($) 日本円(万円) ポイント(ポイント)
優勝 894,585 9,899 1000
準優勝 438,635 4,854 600
ベスト4 220,760 2,443 360
ベスト8 112,255 1,242 180
3回戦 58,295 645 90
2回戦 30,730 340 45
1回戦 16,595 184 10







ロジャーズカップ 大会概要




過去の優勝者

2013年      ノバク・ジョコビッチ
2015年      アンディ・マレー
2014年      ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 




大会名      ロジャー・カップ

カテゴリ     マスターズ1000

ドロー      56

サーフェス    屋外ハード

開催地      カナダ・モントリオール

日程       08.04-08.13

優勝者      アレキサンダー・ズベレフ

優勝賞金     894,585ドル(約9,899万円)

獲得ポイント   1,000ポイント






ロジャーズカップ 出場する強暴選手




前年のシーズン終了後のランキング30位以内であった、
すべての選手に出場の義務が課せられています。

が、
上述したようにマレージョコビッチワウリンカチリッチ欠場を発表しています。


【出場選手】

ラファエル・ナダル 2位 (スペイン)

ロジャー・フェデラー 3位 (スイス)

ドミニク・ティエム 7位 (オーストリア)

アレキサンダー・ズベレフ 8位 (ドイツ) 

錦織圭 9位 (日本) 

ミロシュ・ラオニッチ 10位 (カナダ)

グリゴール・ディミトロフ 11位 (ブルガリア)

ジョー=ウィルフリード・ツォンガ 12位 (フランス)

ダビド・ゴフィン 13位 (ベルギー)

トマシュ・ベルディヒ 14位 (チェコ)

パブロ・カレーノブスタ 15位 (スペイン)

ロベルト・バウティスタ=アグト 16位 (スペイン)

杉田祐一 44位 (日本)

※ランキングは7月31日付






ロジャーズカップ ドロートーナメント表




大会1日目ハイライト



大会2日目ハイライト



大会3日目ハイライト



大会4日目ハイライト



大会5日目準々決勝ハイライト



大会6日目準決勝ハイライト



大会7日目決勝ハイライト





2017y08m14d_075325652.jpg


2017y08m14d_075335080.jpg




スポンサーリンク









====================================

14日(月)

【男子シングルス 決勝】

センターコート 第ニ試合 午前5時00分試合開始予定
ロジャー・フェデラー 3位 VS アレキサンダー・ズベレフ 8位

ドイツの貴公子、フェデラーに快勝!早くもマスターズ2勝目!
選手名 合計
ロジャー・フェデラー
アレキサンダー・ズベレフ




====================================

10日(木)

【男子シングルス 2回戦】

BANQUE NATIONALE 第一試合 午前1時30分試合開始予定
錦織圭 9位 VS ガエル・モンフィス 22位

NHK BS1
1時30分~(3時30分) ライブ
GAORA
1時30分~12時30分 ライブ

錦織圭の2回戦情報!対戦相手ガエル・モンフィス!

錦織圭、情けない敗戦!
選手名 合計
錦織圭 7(7) 6(6)
ガエル・モンフィス 6(4) 7(8)


確かに脅威の粘りを見せたモンフィスだったけど、
錦織圭、全てのセットで最後に追いつかれる展開。
詰めが甘すぎる。
メンタルの問題。
以前までは逆の展開だったのに。
こんな惨めな試合見たことない。



====================================

9日(水)

【男子シングルス 1回戦】

BANQUE NATIONALE 第二試合 午前3時30分試合開始予定
杉田祐一 44位 VS ダビド・ゴフィン 13位

杉田祐一、逆転負け!まぁ、しゃ~ない!
選手名 合計
杉田祐一
ダビド・ゴフィン







ロジャーズカップ 激戦日程




大会は1週間に渡り、熱戦が繰り広げられます。
モントリオールと日本の時差は13時間、日本が13時間進んでいます。
日本時間で夜中から昼にかけての時間帯に試合が行われます。
ちなみに決勝の時間は決まっていて日本時間で14日(月)午前5時試合開始予定となっています。


日本時間での日程です。

1回戦
   8月8日(火)9日(水)

2回戦
   8月9日(水)8月10日(木)

3回戦
   8月11日(金)

準々決勝
   8月12日(土)

準決勝
   8月13日(日)

決勝
   8月14日(月)



スポンサーリンク










ロジャーズカップ 放送予定




ロジャーズカップの放送を予定しているのは、NHKGAORAです。
他の局、BS朝日WOWOWテレビ東京等は放送を予定していません。



NHK BS1 放送予定

NHK SPORTS ONLINE
http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/index.html

現在発表されている放送予定です。
NHKは錦織圭の試合をメインに放送してくれます。
錦織圭の試合時間の決定後に放送時間も発表されます。


2017y07m30d_113206954.jpg



GAORA SPORT 放送予定

GAORA SPORT
http://www.gaora.co.jp/tennis/2398340

2017y07m30d_113220628.jpg



Sports navi 放送予定

Sportsnavi
http://sports.mb.softbank.jp/genre/tennis

1回戦、2回戦は無料で視聴出来ます。
3回戦以降は有料です。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ひまわり証券でFXを