So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭 マドリードオープン 2016 ドロートーナメント表!放送予定 出場選手 獲得賞金! [マドリードオープン]



錦織圭が出場するマドリードオープン2016についての情報をお届けします。
大会経過に伴い記事の更新を行います。




錦織圭の今シーズツアー8戦目は、スペインマドリードで行われるマドリード・オープンです。

ATPマスターズの大会はインディアンウェルズマイアミに続いて今シーズン3戦目になります。
ベスト8準優勝と来てますから、順番からすると今回は優勝ですね。

錦織圭、このマドリードオープンは今回で5回目の出場になります。

2011年 ランク46位で出場し1回戦敗退
 プロ転向5年目にしてマドリード・オープン初出場!
2013年 ランク16位で出場しベスト8
 3回戦でフェデラーと2度目の対戦にて初勝利!
2014年 ランク12位で出場し準優勝
 決勝でナダルと対戦し腰痛により3セット目途中で棄権!
2015年 ランク5位で出場しベスト4

昨年は第4シードで出場し、準々決勝のフェレール戦までは敗ける気配をまったく感じさせなかったのですが、準決勝でマレーと対戦し完敗を喫する形となりました。
4月初めにマレーモンテカルロを欠場してフィアンセと結婚しており、愛する妻のために超絶好調!
決勝ではナダルを下してマドリード初優勝を飾っています。



スポンサーリンク








このマドリードでの錦織圭の最高位はなんといっても一昨年の準優勝
錦織圭、マスターズの大会ではまだ優勝がなく準優勝が2回でそのうちの1回にあたるわけです。
まぁ、何度も書いたような記憶がありますがほんとに悔しい準優勝でした。

決勝でナダルと対戦して、第1セットは 6-2 で錦織圭が先取。
第1セットの戦いぶりからして初のマスターズ制覇を確信、第2セットも途中まで 4-2 でリードしていました。
ところがところがこの時点から錦織圭腰が悲鳴を上げ始めました。
途中からは可哀そうでもう見ていられない状態。
結局、第3セット 0-3 の時点で錦織圭棄権を申し入れる結果に。

今思い出しても悔しいですよね。
もう2年前のことですし、もちろん錦織圭本人は昔のことと忘れている?と思いますが・・・



マドリードオープンはグランドスラムに次ぐ2番目のグレードに位置する大会でありマスターズ1000の大会です。
よって昨年のシーズン終了後のランキングで、 30位以内であったすべての選手に出場の義務が課せられています。
そんなわけで出場選手の顔ぶれはグランドスラムとまったく変わらず、厳しい試合の連続となることは間違いないわけです。

モンテカルロで思わぬ初戦敗退を喫したジョコビッチが休養十分、体調万全で帰ってくるでしょう。
ジョコビッチは昨年、一昨年とこのマドリード欠場しています。
久しぶりのマドリードということもあり、相当な気合の入れようで参戦してくることでしょう。
なんだかより一層ジョコビッチの強さが増してそうで怖い気がします。


錦織圭にとって険しい道程が待っていることは間違いありません。
もちろん他の選手にとっても同じことが言えるわけですけどね。
なんとかしのいでしのいでしのぎまくってマスターズ初制覇を射止めてもらいたいです。



獲得賞金と獲得ポイント
戦績 ユーロ(€) 日本円(万円) ポイント(ポイント)
優勝 912,900 11,455 1000
準優勝 447,630 5,617 600
ベスト4 225,300 2,827 360
ベスト8 114,560 1,437 180
3回戦 59,490 746 90
2回戦 31,365 394 45
1回戦 16,935 212 10




ギネスブック新記録達成!

センターコートで10秒間にラケットでボールをバウンドさせる人の数でギネスブックの新記録に挑戦したようですね。
はたして結果は?

ボール突きでギネスブック新記録達成!



次週はイタリア国際!

イタリア国際テニス(ローマ・マスターズ)のドローが発表になりました。
錦織圭は3回戦でまたまたガスケと対戦です。
熱い戦いの連続ですね。

BNLイタリア国際テニス 2016!



続いてちょっと脱線しますが、
今年はリオ五輪の年ですよね。
開幕までいよいよ100日を切りました。

モンテカルロバルセロナと連覇して昔の強さを取り戻した感のあるナダルは、
スペイン選手団の旗手を務めることに決定したとの発表がありました。

日本選手団の旗手も錦織圭に決定したら最高なんだけどな~!
なんて思ってるんですが、ちょっとキャラが違うような気もします。笑

ところで錦織圭、今回でオリンピックは3度目の出場になります。
正確には今回はまだ出場が確定したわけではありませんけどね。


過去の成績を振り返ってみると、

2008年北京五輪、この時は国際テニス連盟(ITF)の推薦を受けての出場でした。
当時錦織圭はプロ転向2年目でまだ18歳。
世界ランクも124位でかなり下位であり1回戦で敗退するという結果に終わっています。

しかし、1回戦の対戦相手は当時世界ランク34位ドイツのライナー・シュットラーで、
当時シュットラーはウインブルドンで4強入りするほどの実力の持ち主。
そのシュットラーに、4-6,7-6,3-6 で敗れはしたものの、錦織圭は第2セット 0-5 から巻き返しタイブレークの末そのセット獲得するという大健闘を見せました。

この大会の決勝はナダルVSゴンサレスの対戦でナダルが勝利し金メダル
ジョコビッチは準決勝でナダルに敗戦し銅メダル
フェデラーベスト8
マレー1回戦敗退
という結果に終わっています。

次に前回の2012年の行われたロンドン五輪
当時錦織圭は、世界ランク17位であり第15シードで出場しました。
1回戦2回戦は順当に勝ち上がり、3回戦は当時世界ランク5位フェレールが相手。
誰もがフェレールの勝利を予想したわけですが、結果は錦織圭が 6-0,3-6,6-4 で勝利する大金星
オリンピックの男子シングルスで日本人のベスト8進出88年ぶり大快挙という偉業を成し遂げました。
続く4回戦は当時世界ランク9位アルゼンチンのデルポトロに善戦むなしく 4-6,6-7 で敗戦し、錦織圭のロンドン五輪は幕を閉じました。

この大会の決勝はフェデラーVSマレーの対戦でマレーが勝利し金メダル
ジョコビッチは準決勝でマレーに敗戦。
ナダルは膝の怪我のため欠場
という結果に終わっています。


錦織圭が初めて世界ランクトップ10入りを果たしたのは2014年5月のマドリードオープンです。
北京五輪ロンドン五輪が行われた頃の錦織圭の実力からすると過去の五輪出場時の成績は十分すぎる結果であったと言えるでしょう。

今回のリオ五輪ではどんな結果を出してくれるでしょうかね。
トップ選手がリオ五輪参加見送りを検討中なんて報道もあったようです。
スポンサー契約上の問題とかあるようですが、やっぱり名立たる選手は全員出場して欲しいですよね。

リオ五輪の出場資格、シングルスについてですが、出場枠は64人
2016年6月6日発表の世界ランキングで上位56位以内の選手は自動的に出場権を獲得できます。
ただし、1国につき4名までしか出場できません。
また、デビス杯、もしくはフェド杯において、2013年~16年のうち2年、うち1年は15年もしくは16年の代表に選出されている必要があります。
残りの8名のうち、6名はITFが出場国のバランス、過去の戦績などを考慮して決定、残りの2名はIOCによって小国に割り当てられます。

【男子シングルス日程】
1回戦
   8月6日(土)7日(日)
2回戦
   8月8日(月)9日(火)
3回戦
   8月10日(水)
準々決勝
   8月11日(木)
準決勝
   8月12日(金)
決勝
   8月14日(日)
※時差は日本が12時間進んでいます。



スポンサーリンク








マドリードオープン 大会概要




過去の優勝者

2015年     アンディ・マレー
2014年     ラファエル・ナダル 
2013年     ラファエル・ナダル 




大会名      ムチュア・マドリード・オープン

カテゴリ     マスターズ1000

ドロー      56

サーフェス    屋外クレー

開催地      スペイン マドリード

日程       05.02-05.08 

優勝者      ノバク・ジョコビッチ

優勝賞金     912,900ユーロ(約11,455万円)

獲得ポイント   1000ポイント






マドリードオープン 出場する強暴選手




ノバク・ジョコビッチ 1位 (セルビア)

アンディ・マレー 2位 (イギリス)

ロジャー・フェデラー 3位 (スイス) 欠場

スタン・ワウリンカ 4位 (スイス)

ラファエル・ナダル 5位 (スペイン)

錦織圭 6位(日本)

ジョーウィルフリード・ツォンガ 7位 (フランス)

ダビド・フェレール 8位 (スペイン)

トマシュ・ベルディヒ 9位 (チェコ)

リシャール・ガスケ 10位 (フランス)

※世界ランクは4/18付







マドリードオープン ドロートーナメント表




ドローが発表になりました。
錦織圭トップハーフ
ジョコビッチと同じブロックになっちゃいました。
第6シードでの出場となりましたので1回戦BYEです。

錦織圭にとって、とってもとっても厳しいドローになりました。
マスターズですから厳しいのはわかっているのですが想像以上です。

ランク通り順当に勝ち上がってきた場合の対戦相手ですが、
2回戦でトミック、対戦成績は錦織圭2勝1敗と勝ち越してはいるのですが、1敗が前回対戦のブリスベン国際です。
3回戦でガスケ、誰でも知ってる錦織圭が大の苦手としてる選手で対戦成績はこれまで6戦して全敗
準々決勝でワウリンカ、対戦成績は錦織圭1勝3敗。強烈な片手バックハンドに錦織圭は毎回苦戦します。
準決勝はジョコビッチ、決勝はマレー、この2人との対戦まで辿り着けるか・・・

ガンバレ錦織圭!


フェデラー欠場!
背中の痛みにより欠場するようです。
残念ですね。
ローマ全仏には参戦予定。


2016y05m08d_065534182.jpg


2016y05m08d_065542412.jpg




スポンサーリンク









====================================

決勝 5月8日(日)

MANOLO SANTANA 第三試合 9日(月)午前1時30分試合開始予定
ノバク・ジョコビッチ 1位 VS アンディ・マレー 2位
NHKG  5月9日(月) 午前1時25分~(3時20分)ライブ
GAORA 5月9日(月) 午前1時28分~午前5時30分ライブ

ジョコビッチ、2度目の栄冠!
選手名 合計
ノバク・ジョコビッチ
アンディ・マレー

Finalハイライト
(ジョコビッチVSマレー)



====================================

準決勝 5月7日(土)

MANOLO SANTANA 第四試合 8日(日)午前3時00分試合開始予定
錦織圭 6位 VS ノバク・ジョコビッチ 1位
NHKG  5月8日(日) 午前2時55分~(5時00分)ライブ
GAORA 5月8日(日) 午前2時58分~午前6時00分ライブ

ついにジョコビッチまでたどり着きましたね。
予想通りここまで来るのに険しい戦いの連続でしたが、
錦織圭、ほんと強くなりましたよね。

ジョコビッチとは今シーズン2度対戦しており0勝2敗。
通算では9度対戦しており2勝7敗。
クレーは2度対戦しており0勝2敗。
現在6連敗中。
まったく勝ててないんですよね。泣

でも、そろそろ勝つでしょ!
ってまったく根拠の無い予想ですが。

クレーで2敗していますが、1度は2010年の全仏オープン。
1度は昨年の今大会、イタリア国際です。
この時は負けはしましたが1セット取ってます。

最近の錦織圭のクレーでの戦いぶりは恐ろしく進化してますからね。
ジョコビッチを苛つかせる試合展開も十分予想できるわけです。

試合開始は午前3時
試合が終わるのは朝方でしょう。
歓喜の夜明けに期待ですね!

錦織圭の準決勝対戦相手ノバク・ジョコビッチ

錦織圭、またしてもジョコビッチの壁敗れず!
選手名 合計
錦織圭 6(4)
ノバク・ジョコビッチ 7(7)

残念!どうしても勝てませんね。
後もう一歩のところまで追い詰めているのに・・・

試合開始と共に 40-0 のブレークチャンス!
ここからジョコビッチの5連続ポイント。
ここで錦織圭がブレークに成功してたら違う展開になっていたかもしれませんが。
さすがジョコビッチですよね。

第2セットゲームカウント 3-5 からの第9ゲーム
このゲームは最高でした。
右へ左へ前へ後ろへ走りまくる一進一退の攻防。

スタンドも最高に盛り上がった瞬間でしたよね。
錦織圭がこのゲームを取ったことで流れが変わったような気がしました。

ところが続く10ゲームは 0-40 でジョコビッチがリード。
もう終わったと思いましたよね。
しかし、ここからが錦織圭脅威の粘り。
まさかの逆転で見事ブレークに成功。
やはりゲームの流れは錦織圭に傾いていた。
まったく同じ展開、マイアミモンフィス戦が蘇りました。

結局第2セットはタイブレーク
だけどこのセットは錦織圭が取ったと思いましたよね。
誰もが思ったはずです。
ところがやはりジョコビッチ
完全には流れを手放していなかった。
他の選手とは違ってました。
強いな~、ジョコビッチ!

錦織圭、すご~く頑張ってくれました。
残念だったけど切り替えましょう。
すぐ次のチャンスは来ます。
次のマスターズ、イタリア国際テニスが始まりますからね。

BNLイタリア国際テニス2016

ドロー見てびっくり!
またまたガスケと対戦です。
ジョコビッチとはまた準決勝です。
今度こそ勝ってもらいましょう!

Semi Finalsハイライト
(ナダルVSマレー&錦織圭VSジョコビッチ)



====================================

準々決勝 5月6日(金)

ARANTXA SANCHEZ 第ニ試合 午後9時30分試合開始予定
錦織圭 6位 VS ニック・キリオス 21位
BS1   5月6日(金) 午後9時30分~(11時50分)ライブ
GAORA 5月6日(金) 午後7時00分~午前2時30分ライブ

ベスト4をかけて対戦する相手はオーストラリアのニック・キリオス

キリオスとの対戦成績は錦織圭2勝0敗
こないだ戦ったばかりですよね。
錦織圭準優勝に輝いたマイアミの準決勝で対戦して 2-0 で勝利しています。

誰でも知ってるやんちゃ坊主ですが、最近大人しくなったような気がします。
成長したんですかね。笑

キリオス、調子に乗せたらとんでもない強さを発揮する選手です。
高速サーブがガンガンに決まり始めると非常に厄介です。
今大会はサーブの調子がいいみたいですからね。
2回戦でワウリンカ、3回戦でクレーを得意とするクエバスを下しています。
気分上々で錦織圭の前に立ちはだかってくることでしょう。

錦織圭としてはガスケ戦同様早い段階でブレークに成功し、
キリオスが調子に乗らないうちにとどめを刺したいですよね。

この試合に勝てば宿敵ジョコビッチとの対戦です。
マイアミリベンジの期待が高まります。

錦織圭の準々決勝対戦相手ニック・キリオス

錦織圭、キリオスに逆転勝利でベスト4進出!
選手名 合計
錦織圭 6(6) 7(7)
ニック・キリオス 7(8) 6(1)

予想通りの強烈サーブで襲ってきたキリオス
非常に手強い相手でしたね。
あんなサーブ絶対取れないって思ったんですが、
さすが錦織圭、最後には十分対応してました。

マイアミのイメージが残ってたので、
もう少し楽な展開になるかと予想してたのですが、
キリオス、弱点とされるバックハンドも好調でした。

キリオスはまだ21歳です。
脅威の21歳です。
これからまだまだ強くなるでしょう。

錦織圭、いよいよジョコビッチですね。
ジョコビッチとは今シーズン3戦目です。
マイアミリベンジを期待します。


====================================

3回戦 5月5日(木)

ESTADIO3 第二試合 午後9時00分試合開始予定
錦織圭 6位 VS リシャール・ガスケ 12位
BS1   5月5日(木) 午後8時30分~(10時50分)ライブ
GAORA 5月5日(木) 午後7時00分~午前7時30分ライブ

錦織圭の3回戦で対戦する相手はフランスのリシャール・ガスケです。

ガスケとのこれまでの対戦成績は錦織圭0勝6敗
なんと6戦して一度も勝ってないんですね。

なぜこんなに勝てないのか?
ガスケの脅威の片手バックハンドの前ににいつも撃沈してしまいます。
錦織圭がストローク戦に持ち込む前にこの強烈バックハンドにやられてしまいます。

今回も苦戦を強いられるような・・・

今までの6戦はハードが5戦、グラスが1戦でクレーでの戦いは今回がになります。
それに7回も戦えば1回くらい勝つでしょ!笑
世界ランクだって錦織圭6位に対してガスケ12位です。
錦織圭が勝つ要素は十分あります。

錦織圭、快勝!ってトップニュースに期待しましょう。

錦織圭の3回戦対戦相手リシャール・ガスケ

錦織圭、ガスケに初勝利でベスト8進出!
選手名 合計
錦織圭
リシャール・ガスケ

まぁ、ガスケの足が綺麗なんことにビックリ!
すね毛とか全く無かったです。笑

ガスケ戦でこんなに余裕持って見れたのは初めてです。
ガスケをじっくり観察することができました。

ついにやりましたね。
7度目の対戦でついに撃破!
今まで勝てなかったことが不思議なような展開。

やはりガスケの持つ脅威の片手バックハンドも
クレーでは威力が半減してたように思います。

第2セット10ゲーム、まさかのブレークバック
うそっ!やばいって思いましたが、
即ブレークして取り返すことに成功!
さすがの集中力でした。

錦織圭、まだまだ強くなってることを
実感できる試合でしたね。


====================================

2回戦 5月4日(水)

ARANTXA SANCHEZ 第ニ試合 午後9時00分試合開始予定
錦織圭 6位 VS ファビオ・フォニーニ 31位
BS1   5月4日(水) 午後9時00分~(10時50分)ライブ
GAORA 5月4日(水) 午後7時00分~午前7時30分ライブ

錦織圭の今大会初戦となる2回戦で対戦する相手はイタリアのファビオ・フォニーニです。

フォニーニとのこれまでの対戦成績は錦織圭1勝0敗
2011年の全豪オープンで対戦して錦織圭がセットカウント 3-1 で勝利しています。

ただ5年も前のことである上に、この時の錦織圭は世界ランク82位フォニーニ58位であり、
お互いの実力も今とは全く違ったものであったでしょうからあまり当てにしないほうがいいでしょう。

フォニーニクレーコーターであり、昨年においてはナダルから3勝もあげています。
錦織圭にとって非常に脅威な選手であるわけです。
しかし、今シーズンの成績を見てみると、錦織圭23勝7敗に対してフォニーニ8勝7敗あり、このことはフォニーニがどの大会も早期敗退に追いやられた結果を表しており、実際の対戦においては錦織圭軽く快勝で終わるのではないかな?なんて予想しています。

錦織圭の2回戦対戦相手ファビオ・フォニーニ

錦織圭、辛くも勝利!
選手名 合計
錦織圭
ファビオ・フォニーニ

まさか、初戦敗退か!
なんて第3セット途中からちらほら頭を過ってましたが・・・

フォニーニ、予想以上に強敵でしたね。
ナダルが何度も負けてることも頷ける試合内容でした。

第1セットの展開からして快勝かと思ったんですがね。
フォニーニ、苛立てば苛立つほどショットが正確になっていきました。
しかし、最後にまさかの警告による失点。

ここで?って思いましたが。
錦織圭にとっては超ラッキーでしたよね。
ここから逆転する力はフォニーニには残っていませんでした。

なんと2回戦でワウリンカモンフィスも負けたようですね。
錦織圭、次のガスケに勝利すればジョコビッチ戦がぐっと近づきます。
なんとか勝率0%の壁をぶち破って欲しいです。






マドリードオープン 激戦日程




大会は6日間に渡り、熱戦が繰り広げられます。
マドリード日本の時差は7時間日本7時間進んでいます。



1回戦      5月2日(月)3日(火)

2回戦      5月3日(火)4日(水)

3回戦      5月5日(木)

準々決勝     5月6日(金)

準決勝      5月7日(土)

決勝       5月8日(日)






マドリードオープン 放送予定




マドリードオープンの放送を予定しているのはNHKGAORAです。

他の局、BS朝日WOWOWテレビ東京等は放送を予定していません。



NHK BS1 放送予定

NHK SPORTS ONLINE
http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/index.html

現在発表されている放送予定です。
NHK錦織圭の試合をメインに放送してくれます。
錦織圭の試合時間が決定すれば放送時間も決定します。


2016y04m28d_170829003.jpg




GAORA SPORT 放送予定

GAORA SPORT
http://www.gaora.co.jp/tennis/2217760

GAORA錦織圭はもちろん他の試合も十分楽しめます。


2016y04m28d_170808613.jpg






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ひまわり証券でFXを