So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭 マイアミオープン 2016 ドロートーナメント表!放送予定 獲得賞金! [マイアミオープン]



錦織圭が出場するマイアミオープン2016について、ドロー放送予定賞金金額などの情報をお届けします。
大会経過に伴い記事の更新を行います。



マイアミオープン ドロートーナメント表




準決勝はAブロック勝者とBブロック勝者、Cブロック勝者とDブロック勝者の対戦になります。

順当に勝ち上がっていけば準々決勝でマレー、準決勝でワウリンカ、決勝でジョコビッチと対戦することになります。
さすがマスターズですよね。 優勝までの道程はかなり険しいです。


フェデラー、欠場と発表!ウイルス性胃腸炎
ミニ情報!
「フェデラーの左膝のケガの原因はお風呂掃除!」
どっひゃ~!


2016y04m04d_104725789.jpg

2016y04m01d_173035984.jpg

2016y04m01d_173040070.jpg

2016y04m04d_104743287.jpg



スポンサーリンク








獲得賞金と獲得ポイント
戦績 米ドル($) 日本円(万円) ポイント(ポイント)
優勝 1,028,300 11,471 1,000
準優勝 501,815 5,598 600
ベスト4 251,500 2,806 360
ベスト8 128,215 1,430 180
4回戦 67,590 754 90
3回戦 36,170 403 45
2回戦 19,530 218 25
1回戦 11,970 134 10




================================================

決勝 4月4日(月)

センターコート 第一試合 午前2時試合開始予定
錦織圭 6位 VS ノバク・ジョコビッチ 1位
NHKG 4月4日(月) 午前1時55分~(3時50分) LIVE

いよいよマスターズ初制覇に向けて最後の一戦です。
錦織圭、マスターズ優勝はもちろんないわけですが、
決勝に進出したのは過去1回のみです。

2014年のマドリードですね。
この時は決勝でナダルと対戦したのですが、腰の痛みにより
途中棄権という悔しい結果に終わっています。

今回が2回目の決勝になるわけですね。
その決勝の相手はジョコビッチ
やはりこの男が最後に立ち向かってくるわけです。

ジョコビッチとの対戦成績は錦織圭2勝6敗
今シーズンは1月の全豪オープン準々決勝で対戦して、
3-6,2-6,4-6
で敗れています。

現在5連敗中です。
あの2014年の全米オープンでの勝利が最後です。
なんとかそろそろジョコビッチから勝利をもぎ取りたいですよね。

ただ今までの対戦と違うところ。
それは今回は決勝での対戦ってところなんです。
今までの対戦で決勝の場は一度もありません。

だからって何が違うの?って聞かれても困るのですが、
初めてってことで何かに期待しちゃいますよね。
全く根拠はありませんが。笑

とにかくなんとか勝ってもらいたい。
勝った瞬間を早くも想像しています。
あの全米でジョコビッチに勝った瞬間の両手拳のガッツポーズを思い出しています。

試合はデイセッションです。
くそ熱いのになぜ昼間に試合を行うのでしょうかね。
まぁ、最初っから決まってたことですが。
お陰で日本時間では真夜中
週始めの月曜から寝不足になりそうですが錦織圭をしっかり応援しましょう。

錦織圭、惜敗!マスターズ初制覇ならず
選手名 合計
錦織圭
ノバク・ジョコビッチ

やはりジョコビッチは強かったですね。
しかし、決して勝てない相手ではない。
もう少しのところまで間違いなく来ています。

マスターズ初制覇
グランドスラム初制覇
の瞬間が来るのはそんなに遠くないと、
感じさせてくれる試合だったと思います。

いきなり錦織圭のブレイクで始まった時は、
勝てるぞ!
って日本中が思いましたよね。

第2ゲームをなんとかキープしてほしかった。
あのゲームをキープできてたらまったく違った展開になっていたでしょう。
第2ゲームをブレイクバックに成功したことで、
ジョコビッチは自分のペースに持ち込むことが出来ました。

第2ゲーム以降、錦織圭がリードすることはありませんでした。
自分のペースに持ち込んだジョコビッチ
1度掴んだら乱すのはなかなか難しかったですね。

今大会、全部で6戦
最後は負けちゃったけど素晴らしい頑張りだったと思います。
特に準々決勝モンフィス戦は素晴らしすぎましたよね。
シビレシビレまくりました。笑

心配なのはですよね。
試合後のインタビューでは大丈夫だって、
言ってました。

これから詳しく検査するのだろうけど
何事もないことを祈ってます。

2週間後にはバルセロナの幕開けです。
クレーコートシーズンの到来です。
錦織圭、現在バルセロナは2連覇中ですからね。
3連覇が十分期待されるわけです。
元気な姿を見せてくれることを楽しみにしています。



スポンサーリンク








================================================

準決勝 4月2日(土)

センターコート 第三試合 午前8時試合開始予定
錦織圭 6位 VS ニック・キリオス 26位
BS1 4月2日(土) 午前8時00分~(9時50分) LIVE

ついにあと2勝すればマスターズ初制覇!ってところまで来ましたね。
決勝をかけた準決勝の対戦相手はオーストラリアのニック・キリオス
半年ぶりにやんちゃ坊主との戦いがやって来ました。

ニック・キリオスとの対戦はこれまで1度だけ。
半年前の上海ロレックスマスターズでの2回戦。
この時は錦織圭がいきなり第1セットを先取されたんですが、
結局 1-6,6-4,6-4 の逆転で勝利を収めています。

ニック・キリオス、気性の激しさではナンバーワンのプレーヤー。
おまけに高速サーブを武器としており、かなりの厄介者ではあります。

錦織圭、最も心配なのは体力ですよね。
モンフィスとの猛暑の中での死闘の後ですから。
ですが幸いにもナイトセッションです。
決勝までに中一日休みがありますから体力を振り絞って戦って欲しいですね。

錦織圭、ファイナル進出!
選手名 合計
錦織圭
ニック・キリオス

あれっ?こりゃ楽勝か?
って思わせる第1セットの内容でしたが、
さすがキリオス脅威のサーブで素晴らしい粘りを見せてくれましたね。

しかし、終わってみれば錦織圭の相手ではなかった。
昨日のモンフィスの後だけに余計にそう感じる試合でした。

錦織圭リターンが今日はいやに冴えていましたね。
ラリーに持ち込めば錦織圭に敵う相手はいません。
特にキリオスバックハンドが弱点ですね明らかにミスが多かった。

それにしてもキリオスはまだ20歳ですからね。
これからどこまで強くなることか!
そう言えば今日はなんかおとなしかったですよね。
少し大人になったかな?笑

さぁ、いよいよ決勝です。
打倒ジョコビッチ!
なんとかマスターズ初制覇してほしいですね。


================================================

準々決勝 4月1日(金)

センターコート 第ニ試合 午前4時試合開始予定
錦織圭 6位 VS ガエル・モンフィス フランス 16位
BS1 4月1日(金) 午前4時00分~(5時50分) LIVE

ベスト4をかけた準々決勝の対戦相手はフランスのガエル・モンフィス
これまでの対戦は1度あるのみです。

2014年ドイツハレでのゲリー・ウェバー・オープン
2回戦で対戦して錦織圭が 6-1,3-6,6-3 で勝利を収めています。

しかしここ準々決勝の場ではマレーと戦うことになるであろうと誰もが思っていましたよね。
モンフィスもちろん強敵ではありますがマレーのことを思うと超ラッキーです。

とは言え、のっちゃうと凄いテニスを繰り広げるモンフィスです。
のせないうちに試合を終わらせたいですね。

錦織圭、激闘を制す!
選手名 合計
錦織圭 7(7)
ガエル・モンフィス 6(3)

いや~、しびれる試合でした。
猛暑の中でのフルセットの激闘!
錦織圭、素晴らしい頑張りでした。

モンフィスの守備は予想通り固かったですね。
よくあんなに走れるもんです。
だけど錦織圭の粘りは凄かった。

第3セットゲームカウント 4-5 でモンフィスがリードしている場面。
ポイントも 0-40 でモンフィスリード。
あと1ポイントでモンフィスの勝利。
さすがにこの場面では諦めましたね。
しかし、錦織圭は諦めていなかった。
なんとここから逆転
窮地に立たされた場面での精神力。
凄すぎます。
驚きました。

パリバオープンの4回戦イスナー戦。
あの時の逆転勝利もしびれましたが、
今日の試合が今シーズン最高の試合ですね。

さぁ、次は準決勝です。
試合は明日行われます。
試合は日本時間で午前8時から。
相手はどっちになりますかね?


================================================

4回戦 30日(水)

センターコート 第六試合 午前10時試合開始予定
錦織圭 6位 VS ロベルト・バウティスタアグト 18位
BS1 3月30日(水) 午前10時00分~(11時50分) LIVE

4回戦はスペインのロベルト・バウティスタアグトと対戦します。
対戦成績は錦織圭3勝負けなし
最後に対戦したのは昨年のマドリードオープン
3回戦で対戦して 2-0 で勝利を収めています。
スペインの選手ですからクレーを得意とする選手。
対戦成績からしても錦織圭の勝利はほぼ間違いないでしょうね。

それよりも心配なのは体調です。
3回戦見てるとすごく辛そうでしたもんね。
熱中症でダウンしなきゃいいんだけど。

強い錦織圭、ベスト8進出!
選手名 合計
錦織圭
ロベルト・バウティスタ

1時間遅れて始まって、試合時間1時間20分程で終了。
ちょっと待ちはしましたが、気持ちいいストレート勝ちでしたね。

第1セットいきなり錦織圭のブレイクから始まりましたが、即ブレイクされる展開。
荒れた試合を予想したわけですが、その後は錦織圭1度もブレイクされることなく危なげない試合運びでした。
執拗なほどのバックハンド攻めがアグトの息の根を止めましたね。

次は準々決勝!
あと3つです。


================================================

3回戦 29日(火)

グランドスタンド 第一試合 午前0時試合開始予定
錦織圭 6位 VS アレクサンダー・ドルゴポロフ 29位
BS1 3月29日(火) 0時00分~(1時50分) LIVE

3回戦の相手はウクライナのアレクサンダー・ドルゴポロフ
対戦成績は錦織圭3勝負けなし
最後に対戦したのは昨年のメキシコオープン
準々決勝で対戦して 2-0 で勝利を収めています。
今回も錦織圭の勝利は十分予想できるわけですが、ドルゴポロフはリスキーなプレイスタイルが特徴です。
堅実なプレイで確実に勝利をものにして欲しいですね。

錦織圭、超快勝!
選手名 合計
錦織圭
アレクサンダー・ドルゴポロフ

錦織圭、危なげない勝利!
ストレート勝ちでスタミナも温存でき最高の試合展開でした。

ドルゴポロフ、ミスが多かったです。
やっぱりアンフォードエラーが多いほうが負けですね。

さぁ、4回戦です。
楽しみですね~!


3回戦 28日(月)

コート1 第一試合 午後11時55分(27日夜)試合開始予定
西岡良仁 124位 VS ドミニク・ティエム 14位

西岡良仁、快進撃ストップ!
選手名 合計
西岡良仁
ドミニク・ティエム



3回戦 28日(火)

コート2 第一試合 午前0時試合開始予定
大坂なおみ 104位 VS ティメア・ボバシュ 49位

大坂なおみ、残念!
選手名 合計
大坂なおみ
ティメア・ボバシュ



================================================

2回戦 27日(日)

センタコート 第一試合 午前0時試合開始予定
錦織圭 6位 VS ピエールユーグ・エルベール 107位
BS1 3月27日(日) 0時00分~(1時50分) LIVE

初戦となる2回戦の相手はフランスのピエールユーグ・エルベールに決定しました。
錦織圭、エルベールとは今回がの対戦となります。

エルベールはダブルスで輝かしい成績を収めており、昨年の全豪で準優勝全米で優勝に輝いています。
また、同じく昨年のIPTLでは錦織圭とダブルスを組んで出場した仲でもあります。

シングルスでの成績は、今年の全豪で2回戦突破が最高位であり、3回戦でツォンガ相手に砕け散っています。

ダブルスでの実績は脅威であり、今回が初対戦ということではありますが、シングルスでのこれまでの実績、世界ランクからして実力差は明確であり錦織圭の勝利は固いでしょう。

錦織圭、ちょっと苦戦で勝利!
選手名 合計
錦織圭 7(7)
ピエールユーグ・エルベール 6(4)

第1セットが終わった時には楽勝ムード全快!
ところが第2セットでは思わぬ苦戦を強いられる展開となりました。

フルセットも覚悟したのですが土壇場でブレークバックに成功。
結局タイブレークにもつれ込みながらもストレートで勝利を納める結果となりました。
とりあえず一安心!

錦織圭、次の3回戦は世界ランク29位ウクライナのアレクサンダー・ドルゴポロフと対戦します。
試合日時は大会6日目、日本時間で29日(火)の予定です。
開始時間はまだ発表されていません。


コート2 第ニ試合 午前2時試合開始予定
伊藤竜馬 120位 VS ガエル・モンフィス 16位

伊藤竜馬、完敗!
選手名 合計
伊藤竜馬
ガエル・モンフィス



2回戦 26日(土)

コート1 第二試合 午前1時30分試合開始予定
西岡良仁 124位 VS フェリシアーノ・ロペス 23位
BS1サブch102 3月26日(土) 1時30分~(3時30分) LIVE

西岡良仁、嬉しい番狂わせ!
選手名 合計
西岡良仁
フェリシアーノ・ロペス

正直、まさかの勝利でしたね。笑
それもストレート勝ちです。
大快進撃を期待しちゃいます!

西岡良仁、次の対戦相手は世界ランク14位オーストリアのドミニク・ティエムと対戦します。
試合日時は大会5日目、日本時間で28日(月)の予定です。
開始時間はまだ発表されていません。





2回戦 26日(土)

コート8 第二試合 午前1時30分試合開始予定
大坂なおみ 104位 VS サラ・エラーニ 18位

大坂なおみ、こちらも金星!
選手名 合計
大坂なおみ
サラ・エラーニ

素晴らしいですね。
こちらも番狂わせで快勝です。
全仏で準優勝の実績がある選手にストレート勝ちです。

大坂なおみ、次の対戦相手は世界ランク49位ハンガリーのティメア・バボシュと対戦します。
なんだか余裕で勝ちそうですね。
試合日時は大会5日目、日本時間で28日(月)の予定です。
開始時間はまだ発表されていません。


================================================

1回戦 25日(金)

コート2 第三試合 午前4時00フ試合開始予定
伊藤竜馬 120位 VS ニコラ・マユ 42位

伊藤竜馬、格上から勝利!
選手名 合計
ニコラ・マユ 6(3)
伊藤竜馬 7(7)



1回戦 24日(木)

コート2 第四試合 午前6時00フ試合開始予定
西岡良仁 124位 VS ジェリード・ドナルド 152位

西岡良仁、初戦突破!
選手名 合計
西岡良仁
ジェリード・ドナルド







マイアミオープン 放送予定




マイアミオープンの放送を予定しているのはNHKGAORAです。

他の局、BS朝日WOWOWテレビ東京等は放送予定はありません。



NHK BS1 放送予定

NHK SPORTS ONLINE
http://www1.nhk.or.jp/sports2/tennis/index.html

現在発表されている放送予定です。
NHK錦織圭の試合をメインに放送してくれます。
錦織圭の試合時間が決定すれば放送時間も決定するので速攻追加で記載しますね。

準々決勝
錦織圭 6位 VS ガエル・モンフィス 16位
BS1 4月1日(金) 午前4時00分~(5時50分) LIVE

4回戦
錦織圭 6位 VS ロベルト・バウティスタアグト 18位
BS1 3月30日(水) 午前10時00分~(11時50分) LIVE

3回戦
錦織圭 6位 VS アレクサンダー・ドルゴポロフ 29位
BS1 3月29日(火) 0時00分~(1時50分) LIVE

2回戦
錦織圭 6位 VS ピエールユーグ・エルベール 107位
BS1 3月27日(日) 0時00分~(1時50分) LIVE

2回戦
西岡良仁 124位 VS フェリシアーノ・ロペス 23位
BS1サブch102 3月26日(土) 1時30分~(3時30分) LIVE


2016y04m02d_104718929.jpg


GAORA SPORT 放送予定

GAORA SPORT
http://www.gaora.co.jp/tennis/2217760

GAORAは錦織圭はもちろん他の試合も十分楽しめます。

2016y04m03d_210330020.jpg






マイアミオープン 大会概要




パリバオープンではベスト8の結果に終わった錦織圭。
4回戦でジョン・イスナーにシビレる試合展開での逆転勝利。
この粘りなら優勝もありえる!
と、思ったのですがナダルに撃破されてしまいましたね。
もしかしたらイスナー戦より楽に勝てるのではと思っていたのですが・・・

しかし、悔やんでる場合ではありません。休む間もなく次なる戦いの始まりです。
錦織圭の今シーズツアー6戦目は、アメリカ・マイアミで行われるマイアミ・オープンです。

今大会は、フロリダ州マイアミのキー・ビスケイン、 マイアミの沖合に浮かぶ小さな楽園島で行われます。
ぜひ地図検索してみてください。 めっちゃ開放的でまさしく楽園って感じで思わず行きたくなっちゃいますから! 日本から距離にして12000キロくらいかな。笑



錦織圭の本拠地に帰ってきたわけですね。
錦織圭が練習拠点とするIMGアカデミーはマイアミオープン開催地から400キロ程のところに位置しています。


錦織圭今回で6度目の出場。

2011 ランク62位で出場し2回戦敗退
2012 ランク16位で出場し4回戦敗退
2013 ランク15位で出場し4回戦敗退
2014 ランク21位で出場し準決勝戦退(棄権)

5度目の出場となった昨年は、世界ランク5位第4シードで出場し1回戦は不戦勝。
2回戦をロシアのミハイル・ユーズニーと対戦し 6-2,6-1 で勝利、
3回戦をセルビアのビクトル・トロイツキと対戦し 6-2,6-2 で勝利、
4回戦をベルギーのダビド・ゴフィン 6-1,6-2 で勝利、
準々決勝をアメリカのジョン・イスナーと対戦し 4-6,3-6 で敗れました。
そう、パリバオープンで粘りの逆転勝利を収めた相手ジョン・イスナーに昨年はしてやられた訳ですね。

マイアミオープンでの最高位の成績は一昨年の2014年大会でのベスト4になります。
この時は世界ランク21位第20シードで出場し、4回戦で当時世界ランク4位のフェレール、準々決勝で当時世界ランク5位のフェデラーを破って準決勝に進んだわけですから世界中が錦織圭に注目した大会でもありました。
しかし、残念なことに準決勝でのジョコビッチとの対戦を前に左足の股関節痛がひどく棄権という形で終わってしまいました。



マイアミオープンはパリバオープンと共に「春の祭典」と称されており、グランドスラムの次に位置する大会グレードとなります。
よって昨年のシーズン終了後のランキングで、 30位以内であったすべての選手に出場の義務が課せられており、出場選手の顔ぶれはグランドスラムとまったく変わらず、厳しい試合の連続となることは必須なわけです。

錦織圭、今シーズンマスターズ1戦目となったパリバオープンでは悔しい準々決勝敗退ではありましたが、ベスト8という過去最高の成績で終えることが出来ました。
依然としてマスターズでの優勝は1度もないだけに今大会のマイアミオープンにおいては一昨年のベスト4を上回る優勝、準優勝の成績を収めてもらいたいものです。



過去の優勝者

2015年     ノバク・ジョコビッチ
2014年     ノバク・ジョコビッチ
2013年     アンディ・マレー 




大会名      マイアミオープン

カテゴリ      マスターズ1000

ドロー       96

サーフェス     屋外ハード

開催地      アメリカ フロリダ州マイアミ キー・ビスケイン

日程       03.24-04.04 

優勝者      ノバク・ジョコビッチ

優勝賞金     1,028,300ドル(約11,471万円)

獲得ポイント    1000ポイント






マイアミオープン 出場する強暴選手




現在世界ランクトップ10内の強暴出場選手です。
フェデラーは膝を負傷し内視鏡手術を行ったため少しの間ツアーから遠ざかっていましたが今大会から復帰するようです。

錦織圭、今シーズンは早くもBIG4のうち3人と対戦しています。
全豪でジョコビッチと対戦、デ杯でマレーと対戦、インディアンウェルズでナダルと対戦し、そして4人目のフェデラーがマイアミで錦織圭と対戦するために帰ってきました。

これでフルスペック!
優勝への道程がますます過酷へと化したわけです。



ノバク・ジョコビッチ 1位 (セルビア)

アンディ・マレー 2位 (イギリス)

ロジャー・フェデラー 3位 (スイス)

スタン・ワウリンカ 4位 (スイス)

ラファエル・ナダル 5位 (スペイン)

錦織圭 6位(日本)

トマシュ・ベルディヒ 7位 (チェコ)

ダビド・フェレール 8位 (スペイン)

ジョーウィルフリード・ツォンガ 9位 (フランス)

リシャール・ガスケ 10位 (フランス)

※世界ランクは3/7付






マイアミオープン 激戦日程




パリバオープンと同じドロー96と多いですからちょこっと余裕がある日程ですね。
日本では夜中から朝方にかけての試合の時間帯です。

マイアミと日本の時差は13時間、日本が13時間進んでいます。



1回戦      3月24日(木)25日(金)

2回戦       3月26日(土)27日(日)

3回戦       3月28日(月)29日(火)

4回戦       3月30日(水)

準々決勝      3月31日(木)1日(金)

準決勝       4月2日(土)

決勝       4月4日(月)

※日本時間です






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ひまわり証券でFXを