So-net無料ブログ作成

錦織圭 ツアーファイナル2015 ランキング 組み合わせ 出場選手! [ツアーファイナル]



決勝トーナメント!

2015y11m23d_154139936.jpg


ラウンドロビン試合結果!

 グループA(GROUP STAN SMITH)
選手 フェデラー ジョコビッチ 錦織圭 ベルディヒ 勝敗 セット
獲得数
ゲーム
獲得数
 フェデラー 2-0 2-1 2-0 3-0 6-1 42-28
 ジョコビッチ 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 32-23
 錦織圭 1-2 0-2 2-1 1-2 3-5 33-43
 ベルディヒ 0-2 0-2 1-2 0-3 1-6 28-41

 グループB(GROUP ILIE NASTASE)
選手 ナダル ワウリンカ マレー フェレール 勝敗 セット
獲得数
ゲーム
獲得数
 ナダル 2-0 2-0 2-1 3-0 6-1 42-24
 ワウリンカ 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 31-29
 マレー 0-2 0-2 2-0 1-2 2-4 27-33
 フェレール 1-2 0-2 0-2 0-3 1-6 29-43


【関連記事】

錦織圭の1戦目、対戦相手放送予定についてはこちら。
錦織圭 ツアーファイナル2015 ドロー第1試合!ジョコビッチなぜ強くなったのか?
オープニングゲームとなる初戦、世界ランク1位に君臨し続けるジョコビッチの強さの秘密は?

ツアーファイナル放送予定はこりらから。
錦織圭 ツアーファイナル2015 放送予定!NHKとGAORAの全予定!
NHKGAORAの大会期間中の放送予定を記載してます。



試合日程 大会5日目 19日(木)23:00~ (日本時間)

対 フェデラー

対戦成績はフェデラーの3勝2敗
フェデラーとは昨年の今大会以来1年ぶりの戦いとなります。

昨年もラウンドロビンで対戦して 0-2 で敗戦。
1年ぶりの対戦で一捻りして欲しいですね。

対戦結果

錦織圭 1 - 2 フェデラー

十分勝つチャンスはあったと思いますが、負けてしまいましたね。
でも見ててめっちゃ楽しい試合でした。
錦織圭、今シーズン後半は少し下降線を辿ってるような試合が続きましたが最後に力を十分発揮した試合で締めくくってくれましたね。

これから錦織圭はつかの間のオフシーズンに入ります。
が、それでもけっこう忙しスケジュールでなんとエキシビジョンが3大会予定されています。

エキシビジョン

11月28日
日清食品ドリームテニスARIAKE

12月2日~12月4日
インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ

12月12日~12月13日
マリア・シャラポワ&フレンズ

ぜんぜんオフって感じじゃないですよね(笑)
そして、2016年明け早々からツアーが始まります。

2016年ツアー試合予定

1月3日~1月10日
ATP250シリーズ ブリスベン国際(オーストラリア・ブリスベン)

1月18日~1月31日
グランドスラム 全豪オープン(オーストラリア・メルボルン)

もう既に気持ちは来年です(笑)
楽しみデスね。




スポンサーリンク









試合日程 大会3日目 17日(火)23:00~ (日本時間)

対ベルディヒ

対戦成績は錦織圭の3勝1敗
ベルディヒとは長らく対戦がありません。
2012年の楽天オープン以来3年ぶりの対戦となります。
この時は錦織圭が 2-0 で勝利しています。

3人の中では一番勝ちが計算できる?
相手ではないでしょうか。

対戦結果

錦織圭 2 - 1 ベルディヒ

世界ランク6位のベルディヒに勝利し、ラウンドロビンの戦績を1勝1敗としました。
錦織圭の準決勝進出への条件は次戦でフェデラーに勝利し、ベルディヒジョコビッチに勝利するとういかなり厳しい条件です。

ジョコビッチとベルディヒの対戦成績はジョコビッチの20勝2敗
ベルディヒが勝つ確率はかなり低いわけですが、
微かな希望としては、先日行われたパリマスターズでこの両者が対決しジョコビッチが 2-0 で勝利したものの両セットともにタイブレークという均衡した試合でした。

ジョコビッチからの勝利まで後一歩のところまで追い詰めたベルディヒ、今回の対決でなんとか番狂わせを引き起こして欲しいですね。



試合日程 大会1日目 15日(日)23:00~ (日本時間)

対 ジョコビッチ

対戦成績はジョコビッチの5勝2敗
今シーズンは5月にローマで行われたイタリア国際の準々決勝で対戦して錦織圭が敗れています。

間違いなく今大会最大の敵。
昨年のファイナル準決勝で敗れて涙を飲んだ雪辱を果たして欲しいですね。

対戦結果

錦織圭 0 - 2 ジョコビッチ

強すぎるジョコビッチに錦織圭完敗!
「今日は(ジョコビッチが)強すぎた。一つひとつのショットの精度が高く、差を感じた。彼の最高のテニスは止められない」
心配された左脇腹は完全とは言えないまでも「試合中も大丈夫だったので」と、大きな問題はなかったようです。






ATPワールドツアーファイナルズ2015




錦織圭が出場するATPワールドツアーファイナルズ2015について、最終ランキング組み合わせ試合日程出場選手などの情報をお届けします。

大会経過に伴い記事の更新を行います。




いよいよ今シーズンもファイナルの時がやってきました。
パリのマスターズではガスケ相手に途中棄権という結果に終わり、ファイナルへの出場が心配されていましたが、錦織圭本人から100パーセントの状態での出場の報告もあり、あとは試合開始を待つばかりとなりましたね。



錦織圭、ファイナルの出場は2年連続2回目の出場。
日本人選手のファイナル出場自体に驚いた昨年でしたがなんと2年連続の出場というまたまたとんでもない快挙を成し遂げてくれました。

このままこれから何年も当分の間は連続でファイナル出場を果たしてくれるでしょうね。
単なる期待ですが(笑)



錦織圭、昨年はレースランキング5位で出場し、ラウンドロビン(グループ総当たり戦)ではマレー、フェデラー、ラオニッチ(右太もものケガにより棄権、代わってフェレールが3戦目から出場)と同じグループBからの出場となり、

対マレー 2-0 で勝利
対フェデラー 0-2 で敗戦
対フェレール 2-0 で勝利

の結果で見事準決勝へ進みました。


準決勝の相手はジョコビッチでしたよね。
直前のパリでは負けちゃってましたが、なんといっても全米での歓喜の勝利がありましたからね。
大いに期待しちゃったわけなんですが惜しくも 1-2 で涙をのむ結果に。

第1セットは落としたものの第2セットをとった時にはこれは行けるのでは?
と、興奮したのを今でもしっかり憶えています。
が、第3セットでズバッと切り捨てられました。



スポンサーリンク









決勝はジョコビッチフェデラーの争い。
こりゃ、シーズン最終戦に相応しい両者の戦いと激戦を期待したわけなんですが、
なんとフェデラーが腰の痛みを訴えての棄権
前日の準決勝、ワウリンカ戦で痛めちゃったようですね。

実はこの1週間後にデビスカップ決勝が控えていたんですよね。
フェデラー率いるスイスは初優勝がかかっていました。
そちらに重点を置いたための棄権ではないかと囁かれてました(笑)
デ杯の結果はフランスを下してスイスが14カ国目の優勝国となりました。


話を戻しますが、
フェデラーの棄権が決定したのは決勝の始まる1時間前の出来事。
その時は既にO2アリーナには1万7500人のファンが詰めかけていました。

どうするの?

急遽、ジョコビッチマレーエキシビジョンマッチが行われたわけですよね。
実は男子プロテニス協会のクリス・カーモード会長が、フェデラーが15日の準決勝で腰を痛めたと聞いた時点で、マレーに連絡していたようです。

その後、
「マレーが本当に来てやってくれるとは、驚きでした」
と、カーモード会長はコメントしています。

マレーは地元イギリスの選手であり、地元ファンのために急遽試合を行ってくれたわけですね。

さすがイギリス紳士です。


ジョコビッチの3連覇で幕を閉じたツアーファイナル2014。
今年もジョコビッチが栄冠に輝いて4連覇を達成するのでしょうかね。
なんかそんな雰囲気がムンムンするわけですが。

我らが錦織圭
今シーズン最後の戦いで大波乱を巻き起こして欲しいですよね。
大波乱?錦織圭に対して失礼ですかね。

とにかく今シーズン最後の戦いです。
みんなでテレビに齧り付きましょう。



思いっきり余談ですが、

第1回大会は東京で行われたんですね。
1970年に日本・東京都体育館で「ペプシ・グランプリ・マスターズ」と称して行われたようです。

その後いろんな国で行われ、2009年から現在のイギリス・ロンドンのO2アリーナで開催されるようになるとともに、大会名称も「ATPワールドツアー・ファイナル」となったようです。






ワールドツアーファイナルズ 大会概要




過去の優勝者

2014年     ノバク・ジョコビッチ
2013年     ノバク・ジョコビッチ
2012年     ノバク・ジョコビッチ




大会名      バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルズ

カテゴリ     チャンピオンズ・レース・システム

ドロー      8

サーフェス     ハード/室内

開催地      イギリス ロンドン

日程       11.15-11.22 

優勝者      ノバク・ジョコビッチかな?

優勝賞金     1,923,000ドル(約23,700万円) ※全勝優勝の獲得賞金

獲得ポイント   1,500ポイント ※全勝優勝の獲得ポイント






ワールドツアーファイナルズ 出場ランキング




今シーズンの初めに全選手がポイント「0」からスタートし、その年に獲得した上位18大会のポイントの合計で上位8名の選手が出場します。

グランドスラム4大会マスターズ8大会ATP500以下6大会(少なくとも4大会はATP500とし、獲得ポイントの大きいものから6大会)の計18大会です。


また、その年のグランドスラムで優勝し、尚且つ8位~20位以内の選手は出場枠が与えられ、その場合ランキング8位の選手は出場できません。

今年の大会では該当選手はいませんが、昨年の大会では全米優勝のマリン・チリッチがレースランキング9位で出場しました。


最終レースランキング

世界ランキング選手名ポイント数
1位ノバク・ジョコビッチ15,285
2位アンディ・マレー8,470
3位ロジャー・フェデラー7,340
4位スタン・ワウリンカ6,500
5位ラファエル・ナダル4,630
6位トマシュ・ベルディヒ4,620
7位ダビド・フェレール4,305
8位錦織圭4,035




錦織圭の獲得ポイント4035の内訳

日程大会名成績獲得ポイント
2015.01全豪オープン ベスト8360
2015.02メンフィス・オープン優勝250
2015.02アビエルト・メキシコ・テルセル準優勝300
2015.03BNPパリバ・オープン ベスト1690
2015.03マイアミ・オープンベスト8180
2015.04バルセロナ・オープン優勝500
2015.05ムチュア・マドリッド・オープンベスト4360
2015.05BNLイタリア国際 ベスト8180
2015.05全仏オープン ベスト8360
2015.06ゲリー・ウェバー・オープンベスト4180
2015.06ウィンブルドン2回戦敗退45
2015.08シティ・オープン優勝500
2015.08ロジャーズ・カップベスト4360
2015.08ウエスト&サザン・オープン欠場0
2015.08全米オープン1回戦敗退10
2015.10楽天ジャパン・オープンベスト4180
2015.10上海マスターズベスト1690
2015.11パリバ・マスターズベスト1690







ワールドツアーファイナルズ 組み合わせ




大会方式は、ラウンドロビン(総当りの予選リーグ)で勝ち上がった選手が決勝トーナメントで優勝を争う形式となっています。



◇ラウンドロビン(総当り予選リーグ)

8名の選手がグループAとグループBに分かれ、各グループで総当りの3セットマッチを行い上位2選手が決勝トーナメントに進みます。
1勝するごとに142,000ドル(1,700万円)の賞金、200ポイントを獲得することができます。
全勝(3勝)すれば5,100万円!


◇決勝トーナメント

ラウンドロビンでのグループA、Bの上位2選手がトーナメント形式で準決勝、決勝を戦います。
対戦形式は、グループAの1位とグループBの2位、グループAの2位とグループBの1位が対戦する形となり、各勝者が決勝出優勝を争います。

準決勝で勝利すると445,000ドル(5,500万円)の賞金、400ポイントを獲得することができ、決勝で勝利すると910,000ドル(11,200万円)の賞金と、500ポイントを獲得することができます。

この他に試合に出場するだけで142,000ドル(1,700万円)獲得することができ、仮に全勝で優勝を飾った場合、1,923,000ドル(23,700万円)の獲得賞金となります。

思わず笑いが出てしまいますが・・・

ちなみに昨年の錦織圭のファイナルでの獲得賞金は試合出場の獲得賞金142,000ドル(1,700万円)とラウンドロビンでの2勝獲得賞金142,000ドル(1,700万円)×2の合計426,000ドル(5,100万年)でした。

錦織圭本人に聞いたわけではないですけどね(笑)



ツアーファイナル2015のラウンドロビン組み合わせが決定するドローセレモニーは現地時間で11月12日(木)19:00から行われる予定となっています。
日本時間だと11月13日(金)の早朝ですね。



ラウンドロビン組み合わせ発表!

錦織圭は「GROUP STAN SMITH」に入りました。
ジョコビッチフェデラーと同じグループです。
8人全てがもちろん強豪なわけではありますが、よりによってこの二人と同じグループとは・・・

逆を言えば今シーズン最後にこの二人との対戦が確定したってことです。
最高のカードですね。


 グループA(GROUP STAN SMITH)
選手 フェデラー ジョコビッチ 錦織圭 ベルディヒ 勝敗 セット
獲得数
ゲーム
獲得数
 フェデラー 2-0 2-1 2-0 3-0 6-1 42-28
 ジョコビッチ 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 32-23
 錦織圭 1-2 0-2 2-1 1-2 3-5 33-43
 ベルディヒ 0-2 0-2 1-2 0-3 1-6 28-41

 グループB(GROUP ILIE NASTASE)
選手 ナダル ワウリンカ マレー フェレール 勝敗 セット
獲得数
ゲーム
獲得数
 ナダル 2-0 2-0 2-1 3-0 6-1 42-24
 ワウリンカ 0-2 2-0 2-0 2-1 4-2 31-29
 マレー 0-2 0-2 2-0 1-2 2-4 27-33
 フェレール 1-2 0-2 0-2 0-3 1-6 29-43







ワールドツアーファイナルズ 激戦日程




大会は日曜から始まって日曜までですから8日間に渡って熱戦が繰り広げられます。
現地では昼間から夜にかけての時間帯ですね。

ロンドンと日本の時差は9時間です。
日本が9時間進んでいます。
日本では夜中の時間帯の放送となりますね。

今年最後のツアーですからしっかり夜ふかししましょう!



ラウンドロビン第1日~第6日    11月15日(日)~11月20日(金)

グループAとグループBでそれぞれ延6試合行われます。
1日に両グループで1試合ずつですね。

準決勝                   11月21日(土)

決  勝                   11月22日(日)




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ひまわり証券でFXを